初心者向きの外国通貨

 数多くある通貨ペアの中から何を選ぶべきでしょうか。

 値動きのタイプは外貨ごとに様々なので、自分の取引スタイルと合う通貨を見つけて上手に取引に生かせれば強力な武器になるでしょう。

 とはいえ、カントリーリスクを低く抑えるには複数の分散投資が必要です。

 外貨をもう少し細かく見ると、市場参加者が頻繁に売買をする主要通貨や、主要通貨ほどではなくともそこそこ取引がされている準主要通貨などがあります。

 取引量の多い通貨ほど値は安定しており、取引量の少ない通貨ほど少しのきっかけで一方向に大きく動く特性があります。

 アメリカドルは石油やその他の貿易の取引に使われており、最も取引量の大きい通貨です。

 世界の基軸通貨であるそのものがドルの強みといえるでしょう。

 外国為替証拠金取引業者や経済評論家の出す情報や分析はドルが多く、情報を色々見比べたい初心者にとっては豊富な判断材料となります。

 ドルの他に、主要3通貨のひとつに挙げられるのがユーロです。

 ユーロ/ドルは取引がとても盛んです。

 ドルに次いで人気があり、トレンドがわかりやすい通貨です。

 準主要国通貨であるニュージーランドドルやオーストラリアドルは、資源国で高金利国の通貨であることから、スワップ狙いに適しています。

 よりスワップポイントが高い通貨はニュージーランドドルです。

 どちらも高金利、高スワップが魅力なので、利下げ、利上げの話題が注目されます。

 外国為替証拠金取引の取り扱い通貨の中でも、英ポンドはデイトレーダー向けか中級者以上の人に向いています。

 値動きが大きいので、思いがけず大きな含み損を抱えることにもなります。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial