スワイプポイントとは

 外国為替証拠金取引では為替差益の他にも、稼ぐ方法の一つとしてスワップポイント(金利差調整分)があります。

 金利水準の高い国の通貨では、スワップポイント(金利差調整分)により利益が得ることが可能です。

 外国為替証拠金取引で通貨ペアを構成した際に、2カ国間の金利の差によって得られる利益のことをスワップポイント(金利差調整分)といいます。

 世界でも低金利の国(日本など)の通貨を売り、金利水準の高い国(南アフリカなど)の通貨を購入すると2カ国間で生まれる差益によるスワップポイント(金利差調整分)が収益として発生します。

 スワップポイント(金利差調整分)では、1回の金額は大きくありませんが毎日コツコツと受け取ることが期待できる収益であるため、外国為替証拠金取引では人気の運用方法の一つとなっています。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial